WD外付けハードディスクドライブのデジタル革命のストーリー

際立つデザインのインスピレーション

優れたストレージ、
すべてのデータはここに保存

WDのMy Passport、My Passport for Mac、およびMy Bookの外付けハードディスクドライブの際立つデザインイメージは、デバイスとそのユーザーとのつながり作ることを追求することで生まれました。お客様が、格納されたコンテンツと同じようにハードディスクドライブに愛着を持ってくださるよう、製品をより深め、パーソナルなものにしました。こうして完成したのが、すべてのデータを保存できるこの優れたストレージです。

デジタル革命のためのデザイン

私たちが生きている世界において、データの価値はますます大きくなっています。データはパーソナルなものです。データは私たちの生活であり、思い出です。Western DigitalブランドであるWDのマーケティングコンテンツソリューションの副社長Sven Rathjenは次のように述べます。「私たちは大きなデジタル革命を迎えようとしています。その世界では、データはもはや単なる日用品ではありません。私たちはこのブランドをさらにパーソナルなものにして、製品やサービスにデザイン思考を取り入れる必要がありました」 Fuseproject社の創設者で、プリンシパルデザイナーでもあるYves Béhar氏との提携により、このコンセプトは現実のものになりました。1999年以来、Fuseproject社は統合デザインの道を開き、消費者向けテクノロジーなど数多くの製品で受賞歴を持つ統一感のある総合デザインを制作しています。

ビジョナリーデザイナーYves Béhar氏とのパートナー提携

Yves Béhar氏は製品、デジタル、ブランドのビジョナリーデザイナーであり、ニベア、ペイパル、プーマなどの有名なパートナーとも提携しています。「Western Digitalは、物理的な生活とデジタル世界の接点にあります。私たちはこの接点を象徴する製品を美しいものにしたかったのです」と彼は話します。

1年間WDと共同でグローバルな消費者や関係者へのインタビューなどを行ったリサーチの結果、ユーザーは自分のデータをクラウドに置くよりも、自分の手元に置いておきたいと思っていることが明らかになりました。WDのために作られた、目を引く鮮やかなストレージデザインは、ユーザーが作成するデータと同じように価値があります。 

意味のあるデザインの作成

My PassportとMy Bookの両方のデザインは、現実とデジタルを分ける境界線によって2つの部分に分かれます。「下半分は物理的な世界の安定、リッチな質感、ダイナミックさを表し、上半分はクリーンでピュア、そしてシンプルなデジタルライフを表しています。この2つの世界の接点こそ、WDがブランドとして存在する境界線なのです」とBéhar氏は説明します。

デザインと同様に、そのカラーもWDブランドを大胆に主張しています。デザインチームは個性を感じる魅力的なカラーを選びました。「現在の市場に出回る他のデータストレージデバイス製品とはまったく異なり、これらの製品は他の商品と並んで置かれていても明らかに目を引きます。遊び心と洗練さのバランスが取れたカラーです」とBéhar氏は話します。特徴のあるカラーを組み合わせた目を引く鮮やかなデザインは、人々の注目を確実に集め、ユーザーの個性を表現します。

その内部には従来どおり高い信頼性を備え、外観は際立つデザインのストレージです。つまり、すばらしい製品です。

My Passport

My Passport for Mac