ウエスタンデジタル、今後のデータ・インフラストラクチャを発表

FLASH MEMORY SUMMIT, SANTA CLARA, CA - 2018/08/07

ハイスケールデータセンター向けのソフトウエア・コンポーサブル・インフラストラクチャを実現する
新しいオープンスタンダード、アーキテクチャおよび製品ラインナップ

データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダーであるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は本日、増加の一途をたどるプライベートまたはパブリックのハイスケールクラウドデータセンターの需要に対応するため、包括的な一連のオープンスタンダード、アーキテクチャ、および製品ラインナップを発表しました。ウエスタンデジタルは、オープンなソフトウェア・コンポーサブル・インフラストラクチャ(SCI)の確固たる基礎を構築するため、新たなOpenFlex™アーキテクチャや製品ラインナップの導入のほか、オープンコミュニティにアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)や主要な製品仕様を提供する計画を発表しました。コンピューティング、ストレージおよびネットワークリソースを個々にスケーリングすることが可能なソリューションを提供することにより、SCIの拡張性、効率性、機敏性、およびパフォーマンスを新たな段階に引き上げることができます。

本日の発表では、次の内容が明らかになりました。

  • SCIの構成および管理のための、Kingfish™ オープンAPI
  • 特定のベンダーに依存しない、ベンダーニュートラルなソリューションを実現するためのオープンな製品メカニカル仕様
  • OpenFlexアーキテクチャおよびイニシャルパートナーエコシステム
  • NVMe™-over-Fabric(NVMf)デバイスのフラッシュやディスクのOpenFlex製品ラインナップ

 

データ量の増大は、ビッグデータやファストデータの新たな利用が促進されているだけでなく、データの保存、保護、アクセス、および変換する方法においても複雑化が進んでいます。データのライフサイクルが長期化され、大容量のデータセットが多様なアプリケーション間で共有されることにより、多くの処理を要求されるハイスケールワークロードは、従来のデータ・インフラストラクチャの限界を超えるようになっています。

業界標準のNVMfテクノロジーを採用したウエスタンデジタルのOpenFlexアーキテクチャは、Ethernetのような一般的なネットワークテクノロジーを介してコンピューティングリソースに接続可能で、フラッシュやディスクストレージのスケーラブルなプールの作成を可能にします。Kingfish APIにより、迅速かつ容易に論理アプリケーションサーバ内に構成可能なSCIとして、フラッシュやディスクプールを提供することが可能となります。コンピューティング、ストレージ、ネットワークが一定の比率で構成されているハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)に対し、OpenFlexのアーキテクチャや製品は、利用されていないリソースを取り外すことで、最大40%も総所有コスト(TCO)を削減できます※1。また、OpenFlexの持つきめ細かな拡張性により、初期のインフラ投資も50%近く削減することができます※2。さらに、論理サーバは、同一のリソースやデータパスを取り合うといった、ワークロードのいわゆる「うるさい隣人(Noisy Neighbours)」問題の影響を受けにくく、分散リソースが直接接続されているため、アプリケーションのパフォーマンスを予測しやすくなっています。

ウエスタンデジタルのデータセンターシステムビジネスユニットでシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるフィル・ブリンジャーは、次のように述べています。「データセンターでは、複雑かつダイナミックなアプリケーションやデータ・ワークフローのニーズに応えるために、より効率的なアプローチが求められています。また、データセンターのオペレーターは、柔軟性を確保するために、クラス最高かつベンダーニュートラルなオプションの選択を可能にするオープンソリューションを必要としています。ウエスタンデジタルのOpenFlexアーキテクチャおよび製品、さらに当社のオープンコミュニティに対するコミットメントは、こうしたニーズへの対応をサポートする一方で、コストや機敏性においても飛躍的な向上を実現しています。当社は、すでに実績のあるディスク、フラッシュ、NVMeといったストレージ製品分野においてさらなるリーダーシップを発揮し、これからのデータ・インフラストラクチャを提供していきます」

米国の調査会社IDCによる大規模から中規模のIT利用企業※3を対象とした最近の調査では、彼らが維持するコンピューティングやストレージ容量のうち、半分以上は使用されていませんでした。ダイナミックなワークロード需要に対し、7割のユーザーがコンピューティングやストレージリソースの提供に要する時間について非効率性を訴えています。

IDCのインフラストラクチャシステム、プラットフォーム&テクノロジー部門グループバイスプレジデントを務めるアシシュ・ナドカーニ氏は、次のように述べています。「急速に変化するアプリケーションワークロードに対応し続けるために、データセンターの管理者は、確固としたビルディングブロックを用いた柔軟なインフラの構築に取り組む必要があります。ストレージやコンピューティングはしばしば、パフォーマンスやキャパシティの向上のために追加されることがありますが、活用されないままになるケースが非常に多く、多額の不要コストの発生につながっています。ウエスタンデジタルのOpenFlexアーキテクチャは、リソースを非常にスケーラブルかつ柔軟な方法で最大限に活用できる構成を確立する可能性を提供してくれるだけでなく、『標準的なストレージ』における課題を解決してくれています。さらに、OpenFlexアーキテクチャのオープン性により、専有のインフラストラクチャが直面する固定化されたバリアを取り除き、より広範囲のエコシステム・エンゲージメントに向けた取組を進めることができます」

ベンダーニュートラルでプラグ・コンパチブルのソリューションを実現するために、ウエスタンデジタルがKingfish APIを導入したり、コミュニティへ製品仕様を提供することは、オープンアーキテクチャに対する当社のコミットメントです。本発表時点において、OpenFlexアーキテクチャは、データセンターハードウェアおよびソフトウェアの幅広いエコシステムをサポート、活用しています。このエコシステムには次のものが含まれます。Apache Hadoop®、Apache Spark™、Apache Kafka®、Apache Cassandra®、Apache Mesos®、Docker、Kubernetes®、Broadcom、Cassandra、Ceph™、DriveScale、Hewlett Packard Enterprise (HPE)、Inspur、Kaminario、Marvell®、Mellanox、Microsoft SQL Server®、Percona、Spark、およびSupermicro。

OpenFlexファブリック製品は、非常に拡張性の高いパフォーマンス、キャパシティを提供
ウエスタンデジタルが提供するOpenFlex ファブリックアタッチド製品シリーズは、さまざまなパフォーマンスやキャパシティで提供される予定で、データセンター設計者やIT管理者による、それぞれのニーズに対応した、拡張性、柔軟性の高いデータセンターの構築を可能にします。

  • OpenFlex™ F3000 Series Fabric Device:パフォーマンスに特化したファストデータアプリケーション向け最大61TB※4の容量で提供され、2基の50Gb※5 Ethernetポートを介した低遅延NVMeフラッシュパフォーマンス
  • OpenFlex ™ E3000 Series Fabric Enclosure:最大10のホットスワップ可能なF3000 ファブリックデバイスを備えた3Uエンクロージャ
  • OpenFlex™ D3000 Series Fabric Device: キャパシティに特化したビッグデータアプリケーション向け2基の25Gb Ethernetポートを介した最大168TB4のハードディスクキャパシティの1Uデバイス

 

OpenFlex F3000 ファブリックデバイスおよびOpenFlex E3000エンクロージャは、2018年の第4四半期に提供開始予定です。OpenFlex D3000ファブリックデバイスは2019年に提供開始予定です。

展示会およびリソース情報
米国カリフォルニア州サンタクララで開催されるFlash Memory Summit 2018において、ウエスタンデジタルは、基調講演および展示ホール(ブース番号:207)において、幅広いデータセンターアプリケーションに対応するOpenFlexアーキテクチャおよび製品を展示します。

本日の発表内容の詳細や資料は下記リンクをご覧ください。
Innovation.wdc.com/OpenFlexArchitecture.html.

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造し、かつてない多様化を遂げるデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルのデータ・セントリック・ソリューションは、G-Technology、HGST、サンディスク、Tegile、UpthereおよびWDのブランドで提供します。

Forward-looking Statements
This news release contains certain forward-looking statements, including statements regarding the capabilities, features, performance and availability of the company's data technologies, devices, and platforms, and the company's technology strategy, growth opportunities and potential partnerships with datacenter hardware and software vendors. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company's filings with the Securities and Exchange Commission, including our most recently filed periodic report to which your attention is directed. The company undertakes no obligation to update the information in this release in the event facts or circumstances change after the date of this release.