ウエスタンデジタルは、フラッシュメモリー合弁事業の持分を SKハイニックス及びベインキャピタル主導のコンソーシアムへ譲渡するとする 東芝の決議に関して声明を発表しました

米国カリフォルニア州サンノゼ - 2017/09/20

ウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ: WDC)は、本日、ウエスタンデジタルのサンディスク系子会社と共同運営するNANDフラッシュメモリーの合弁事業の持分を、韓国のSKハイニックス及びベインキャピタルが主導するコンソーシアムに譲渡するとする株式会社東芝(「東芝」)の決議に関し、以下の声明を発表しました。

  • ウエスタンデジタルの目的は、一貫して変わらず、東芝とそのステークホルダーにとっての問題を解決する双方に有益な結果を目指すこと、そして最も重要なこととして、JVの継続と成功を確実なものとすることです。東芝との継続的な対話においては、当社は柔軟で且つ建設的な姿勢で臨み、これまで東芝の全ての懸念事項を解決する数々の提案を示してきました。当社は、これらのあらゆる努力にもかかわらず本日東芝社が起こした行動を遺憾に思います。

  • なお、JV契約において明確に定義されているサンディスクの同意権を無視し、これまでの訴訟においても多くの判決がサンディスクの契約上の権利保護を支持する決定を下しているにもかかわらず、東芝が本取引を継続しようとしていることに不安を感じています。また、東芝は、これまで様々な機会においてサンディスクが法的に根拠のある同意権を有することについて認識し、かつ確認しています。

ウエスタンデジタルは、2017年5月14日および2017年7月5日に提出された仲裁の申立てにおいて、これまでと変わらず、サンディスクの主張が認められることを確信しています。また、これらの手続きは、ICC国際仲裁裁判所にて引き続き進められる予定です。また、2017年7月28日、サンフランシスコ郡を管轄するカリフォルニア州上級裁判所は、少なくとも14日前までに東芝がサンディスクへ事前に通告することなくして、JVの持分の譲渡を完了できなくするという契約条項を裁判所命令として発令しました。

■ウエスタンデジタルについて

ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は、データを作成、活用、体験、保存するためのストレージ技術やソリューションを提供する業界リーダーであり、お客様志向のイノベーションを取り入れた、高効率で柔軟性が高く、高速、高品質で魅力的なストレージソリューションを幅広く提供することによって、変化を続ける市場ニーズに対応しています。ウエスタンデジタルの製品は、HGST、サンディスク、およびWDのブランドでOEMや代理店、リセラー、クラウドインフラストラクチャ・プロバイダーに提供され、一般消費者向けにも販売されています。財務情報や投資家向け情報は、当社Investor Relationsサイト(investor.wdc.com)をご覧ください。

Forward-Looking Statements

This news release contains certain forward-looking statements, including statements concerning the JVs, SanDisk's rights under the JV agreements and its actions to protect such rights, ongoing proceedings with respect to those rights, and Western Digital's or SanDisk's actions in response to Toshiba's announcement that it has entered into an agreement to transfer its interests in the JVs. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: uncertainties with respect to the company's business ventures with Toshiba; volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company's filings with the Securities and Exchange Commission (the "SEC"), including the company's Form 10-K filed with the SEC on Aug. 29, 2017, to which your attention is directed. You should not place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof, and the company undertakes no obligation to update these forward-looking statements to reflect subsequent events or circumstances.