ウエスタンデジタル、業界初の96層3D NANDテクノロジーを発表

カリフォルニア州サンノゼ - 2017/06/28

3D NAND テクノロジーにおけるストレージの主導的地位を強化 テクノロジーおよび生産オペレーションは順調に推移

データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダー企業であるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は本日、96層垂直積層型の次世代3D NANDテクノロジー、BiCS4の開発に成功したことを発表しました。OEM向けのサンプル出荷は2017年後半に開始し、初期量産出荷は2018年を予定しています。ウエスタンデジタルのテクノロジーおよび生産のパートナーである東芝と共同開発したBiCS4は、まず256ギガビット*の容量で展開し、その後チップ単体で1テラビットなどの幅広い容量で出荷する予定です。

ウエスタンデジタルのメモリー技術担当エグゼクティブバイスプレジデント、シバ・シバラムは、「業界初の96層3D NANDテクノロジーの開発に成功したことは、NANDフラッシュおよびテクノロジーロードマップに対する堅調な取り組みにおいて、当社が引き続き主導的立場であることを示しています。BiCS4は3ビットセルおよび4ビットセルのアーキテクチャーで提供され、テクノロジーや生産手法の革新により、3D NANDストレージの最大容量、性能、信頼性を魅力的な価格で顧客に提供します。当社の3D NANDポートフォリオは、消費者、モバイル、コンピューティング、データセンターなどあらゆるエンドマーケットに対応するように設計されています」と述べています。

また、日本における合弁事業(「JV」)の製造工場における生産オペレーションも順調であり、特に2017年**には64層 3D NANDテクノロジーであるBiCS3の生産量が、3D NANDビット供給量全体の75パーセント以上を占める見込みです。JVパートナーである東芝分と合わせると、2017年の64層 3D NANDビットの生産量は、業界における他のサプライヤーよりも大きくなると見込んでいます。

■ウエスタンデジタルについて

ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は、データを作成、活用、体験、保存するためのストレージ技術やソリューションを提供する業界リーダーであり、お客様志向のイノベーションを取り入れた、高効率で柔軟性が高く、高速、高品質で魅力的なストレージソリューションを幅広く提供することによって、変化を続ける市場ニーズに対応しています。ウエスタンデジタルの製品は、HGST、サンディスク、およびWDのブランドでOEMや代理店、リセラー、クラウドインフラストラクチャ・プロバイダーに提供され、一般消費者向けにも販売されています。財務情報や投資家向け情報は、当社Investor Relationsサイト(investor.wdc.com)をご覧ください。

■Forward Looking Statements

This news release contains certain forward-looking statements, including expectations for 3D NAND technology, including its development, timing for initial output, commercial volume production, product sampling and shipment, capabilities, performance improvements, applications, capacities, customers, Western Digital’s position in NAND flash and execution to its technology roadmap, operations at its joint venture manufacturing facilities in Japan and output mix of its BiCS3 that are based on current expectations. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company's filings with the Securities and Exchange Commission (the "SEC"), including the company's Form 10-Q filed with the SEC on May 8, 2017, to which your attention is directed. You should not place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof, and the company undertakes no obligation to update these forward-looking statements to reflect subsequent events or circumstances.

*: 1TB=1,000,000,000,000バイト。実際に利用できる容量は使用環境によります。
**: カレンダーイヤー

© 2017 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved. Western Digitalは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている 可能性があります。