ウエスタンデジタル 企業向け大容量4 TBの「WD RE SAS」と、 「WD RE SATA」ハードディスクドライブを発売

Shibuya-ku, Yoyogi - 2012/09/28

ウエスタンデジタルジャパン株式会社(代表取締役社長:金森苧)は、最大容量4TBの新製品「WD RE SAS」および「WD RE SATA」ハードディスクドライブを発売します。当該製品はWDの企業向けストレージ製品ポートフォリオをさらに拡大するもので、容量は、現時点で市場最 大となります。

ラインナップとして、ニアライン SASは1 TB、2 TB、3 TBおよび4 TB、 SATAは2 TB、3 TBおよび 4 TBのモデルをそろえています。3.5インチ型WD RE SASおよびWD RE SATAは、企業向けハードディスクドライブの要求を満たす機能と大容量が生み出すパワフルな処理能力で、クラウドやスケールアウトのコンピューティング に求められる大容量と高いパフォーマンスを実現するだけでなく、ビジネスに不可欠な環境での需要にも対応します。

価格と販売については以下の通りです。

  • WD RE

発売日: 10月上旬
価格:  オープンプライス 
参考価格(米国):

モデル番号

容量および特徴

税込み価格

WD4001FYYG

4 TB、SAS 6 Gb/s

$479.00

WD3001FYYG

3 TB、SAS 6 Gb/s

$369.00

WD2001FYYG

2 TB、SAS 6 Gb/s

$249.00

WD1001FYYG

1 TB、SAS 6 Gb/s

$139.00

WD4000FYYZ

4 TB、SATA 6 Gb/s

$459.00

WD3000FYYZ

3 TB、SATA 6 Gb/s

$349.00

WD2000FYYZ

2 TB、SATA 6 Gb/s

$229.00











 

 

 

 

 

販売方法: 全国のパソコン販売店

3.5インチ型WD RE SASおよびWD RE SATAは、5年間の保証付です。製品詳細および保証に関する追加情報は、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=580
企業向けWD RE SATAハードディスクドライブについては、以下のウェブサイトをご覧ください。http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=30

WD RE SASおよびWD RE SATAハードディスクドライブの特徴は、以下の通りです。

  • デュアルポート、全二重接続性: 事業に不可欠な大手企業の接続形態に理想的な条件を提供
  • 平均無故障時間(MTBF)140万時間 (WD RE SAS)/ 120万時間(WD RE SATA): 年中無休での酷使にも耐えうる最高の信頼性と、高負荷のかかる運用環境にも対応
  • 環境への配慮: RoHS(特定有害物質使用制限指令)に準拠し、ハロゲン排出量を抑えた部品を使用
  • NoTouch™ ランプロード技術: 記録ヘッドがディスクメディアに触れないため、記録ヘッドとメディアの摩耗を大幅に抑え、ヘッド移動中もハードディスクドライブをより確実に保 護
  • 二段アクチュエータ(DSA)およびヘッドを安定動作させる機能(RAFF™): 振動しやすい、複数のハードディスクドライブを搭載したシャシーで使用する際にも、このクラス最高の動作およびパフォーマンスを実 現
  • 最大の記憶容量: スケールアウト、クラウドなどのストレージ環境、RAIDアレイ、NASなどの企業向けストレージソリューションに求められる最大容量を提供。2.4 PBの巨大記憶容量を可能にする (4U筐体10機、60ベイ搭載)
  • 最高の信頼性: 5ディスクのプラットフォーム、プラッタ容量800 GB、SASインターフェイス、転送レート6 Gb/秒で、1日24時間、週7日間の高負荷環境にも対応

WDの法人事業部マーケティング担当シニア・ディレクター、Doug Pickfordは以下のように述べています。
「市場のセグメントにかかわらず、あらゆる場面でストレージ容量に対して需要があり、WDは、SASおよびSATAのインターフェイスを4 TBのWD REハードディスクドライブを提供し、さらに個人および一般のクラウド環境を最大限にサポートしていきます。WDは引き続き、記憶容量を最適化した3.5 インチ型市場の先駆者として取り取り組み、とりわけWD RE SASおよびSATAの4TBハードディスクドライブは、企業向けストレージとアプリ用に設計し、容量は従来のモデルよりも33%増量しました。またノー ドに搭載されているディスク容量は、単一の企業ラックで2.4PBを達成しています(PB=1TBの100倍の容量)」

Dell StorageのPowerVaultおよびデータ管理ソリューションを担当するゼネラル・マネージャーおよびエグゼクティブ・ディレクターのBrett Roscoe氏は、以下のように述べています。
 「WDの新たな4TB、7,200回転のハードディスクドライブを搭載したDell PowerVault MD3 Arrayシリーズは、ユーザーの皆様に、これまでにない大容量のストレージを提供します。
弊社が先ごろ発表したMD3 Dense Arrayを搭載した、この新しい4TBハードディスクドライブは、ファームファクターを抑さえながらもユーザーが保存できるデータ容量を増やすことが可 能になり、単密度アレイで最大240TBのデータストレージ、またMD3単密度アレイと60ディスクMD3筐体2機を用いると最大720TBにまで達しま す」

XyratexのStorage Platformsのシニア・ディレクターのAndy Morgan氏は以下のように述べています。
「高密度ストレージ、低消費電力、そして信頼性は、クラウド、ビッグデータ、ならびにデータセンターのインフラ環境とサービスに必要不可欠です。WDのよ うなパートナーの企業向け製品と弊社製品のOneStorTMソリューションとの互換性を早い段階で認定することで、弊社OEM顧客に対しては、こうした 要件を満たし、成長を続ける市場から利益を得るための手段を提供できます」

ウエスタンデジタルについて< /strong>
Western Digitalは、ストレージ業界のパイオニアであり、リーディングカンパニーとして長きに渡り、デジタル情報を収集、管理、使用する企業や個人に製品お よびサービスを提供してまいりました。データにアクセスしやすく、データを損失から保護することが可能な、信頼性の高い、高性能なハードディスクドライブ およびソリッドステートドライブを設計、製造しています。

弊社のストレージテクノロジーは、クライアントコンピュータおよびエンタープライズコンピュータ、組み込みシステム、家庭用電子機器、WD製ストレージシ ステムなどに幅広く適用されています。WD製ホームエンターテイメント製品には、保存されたデジタルコンテンツとのさまざまな連携機能がありま す。

Western Digitalは1970年に創業しました。弊社の製品は、Western DigitalおよびWDブランドのもとに、OEM供給、システムメーカー、選び抜かれた販売店や小売業者に販売されています。財務およびIR情報につい ては、弊社ウェブサイトの「投資家の方々へ」(www.westerndigital.com