セクション 508 政策についての表明

1998年に、連邦議会は1973年制定のリハビリテーション法を改正し、電子情報技術を障害者に対してアクセス可能とするように連邦政府機関に義務付けました。リハビリテーション法セクション508は、障害者が電子情報技術にアクセスする上での能力障壁を取り除くことによって、これらにアクセスしやすくするために改訂されました。

セクション508は、電子技術および情報技術を開発、調達、維持、使用するすべての連邦政府機関に適用されます。法律上、政府機関は障害を持つ人員と一般の障害者に対して、他者がアクセスできるものと同等の電子と情報技術へのアクセスを提供することが義務付けられています。

セクション508は技術製品を製造、販売したり、それらの製品のアクセシビリティ機能を追加および強化する企業に対する強力なインセンティブを確立します。技術業界は法律により規制を受けず、民間企業は自社製品を変更する上での規制を受けません。しかし、いかなる技術も連邦機関が購入する前に満たすように努力すべきアクセス可能性標準に準拠するという法律は設定されています。

Western Digitalはセクション508の目標を支援し、障害者や高齢者を含め、誰にとっても我社の製品を使いやすくするための努力をしています。我社は全力を尽くしてアクセス可能な技術の選択を行い、連邦政府の支援を実現しています。

リハビリテーション法セクション508の詳細については、以下のリンクでご覧ください。

セクション 508: Center for IT Accommodation - www.section508.gov

司法省セクション508ホームページ - http://www.justice.gov/crt/department-education-q